女性ホルモンが担う役割について

女性ホルモンが担う役割について

女性ホルモンは排卵を促し、妊娠から出産という大きな仕事を任されている大切なホルモンです。

 

しかし妊娠や出産以外にも女性ホルモンは色々な働きをしていて、さまざまなが作用があります。

 

まずは肌の美しさや髪や爪といった部位のハリやツヤを保つためにも、女性ホルモンは欠かせない要素です。

 

女性ホルモンの中にはコラーゲン生成にも大きく関わっているホルモンがあって、正常に働いていないと肌荒れや抜け毛など色々な悪い影響が出てしまいます。

 

他にもコレステロールの量を調整したり骨密度を保ったり、また精神の安定や記憶力などといった分野にも、女性ホルモンの働きによって大きく良し悪しに影響しています。

 

年を重ねていくごとに若い頃とは違った身体や精神の変化が出てきてしまうのは、女性ホルモン量の変化によるものと言っても過言ではありません。

 

思春期を迎えて女性ホルモンの活動が活発になってから安定期に入る20代30代、そして女性ホルモンが徐々に減ってくるそれ以降の年齢では、何らかの調子の変化が見られることがほとんどです。

 

また、加齢以外にも不規則な生活や睡眠不足、それに過激なダイエットによって女性ホルモンの分泌に悪い影響が出てしまうと、心身ともに不調を来たしてしまいます。

 

女性ホルモンは女性の心身の健康にとって、切っても切れない存在です。

女性ホルモンと更年期障害

 

女性は人生の中で大きくホルモンバランスが変化する時期がいくつかあります。

 

中でも特に多くの女性を悩ませるのが、更年期における女性ホルモンの分泌量変化に伴う影響です。

 

これは一般に更年期障害と呼ばれていて、人によって様々な症状が出ると言われています。

 

更年期障害は、閉経に向けて女性ホルモンの分泌量が変化するのに応じて様々な症状が引き起こされるものです。

 

多くの女性が何等かの更年期障害に類する症状に見舞われる為、女性にとっては避けて通れない道だと言っても過言ではないかもしれません。

 

更年期障害は、女性ホルモンの急激な減少によって起こります。

 

更年期になると女性としての機能が終わりに向かっていく為、女性ホルモンの分泌量も急激に減少していきます。

 

すると急なホルモンバランスの変化により、体調にも変化が起こりやすくなります。

 

その際に見られる症状は人それぞれなので、必ずしもすべての人が同じ症状に見舞われるとは限りません。

 

ただの体調不良だと思っていたら女性ホルモンの減少による更年期障害だったというケースも多いので、40代以降になってからの体調不良の際には、一度女性ホルモンの検査を受けると良いかもしれません。

 

女性ホルモンの減少による更年期障害は、閉経を迎えると次第に治まっていきます。それまではあまり無理をしないよう、自分の体調と相談しながら生活すると良さそうです。